ハイドロポンプは威力120

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雨パにおけるカイリューとガブリアス

雨パの物理龍枠といえば。
20110709154212.gifカイルー
この2体ですよね。
どちらも高い火力を持ち現環境で対策必須のポケモン。
雨パにもよく組み込まれています。
採用理由を自分なりにまとめてみました。

まずは
20110709154212.gif
まず一番大きな理由としては、雨パにおいてかなり厄介な電気技を無効にすることができる。これです。
例えばこちらがニョログドラナットレイの選出をしてて初手ニョロトノ、相手の先発がサンダーだったとしましょう。
向こうの安定行動はボルトチェンジな訳で、こちらからするとニョロトノは引くしかないのでナットレイに交代せざるを得ません。(ボルトロスならスカーフニョロトノの雨ハイドロで落とせる可能性も出てくるがあまり得策とは言えない)
そこでボルトチェンジを打たれると相手に有利タイマンを作られ、ナットレイが3割程度のダメージを受けてしまいます。
例えばそこで相手にテラキオンを出された場合相手のインファイトを耐えられなくなってしまいます。
と、初手からかなり不利な状況で戦わざるをえなくなってしまいます。
そこでガブリアスです。相手の電気技を安定行動にさせなくできるだけでなく、ボルチェン読みで出てきたとき相手の行動が分かりやすくなるのでそこから有利に展開をしていけます。
雨パというものは電気技が一貫してしまうので個人的には電気技を半減(無効)にできるポケモンを2体は入れたいところです。
ガブリアスが鉢巻で炎の牙持ちの個体だとすると、フシギバナの催眠に後出しをしたとして、逆鱗、炎の牙、地震、このどれがでてもフシギバナを確定2発にできる。これがガブリアスのもう一つの強みです。ただダブルチョップも魅力的なので採用は悩みどころ。
僕の中でのガブリアスの採用理由はこのような感じです。


続いて
カイルー
カイリュー入りの雨パとして有名なのが、ニョログドララティオスハッサムテラキオンカイリューの通称[コバルト雨パ]ですね。
とてもよく練られているパーティで、レートでもよく見かけます。
電気技の一貫性はありますが、テラキオンがサンダーやボルトロスに強いので、初手の選出を躊躇させています。
中盤ならば1枚切ってグドラ出せば抜いていけますしね。
ガブリアスと比べて優れている大きな点としては、マルチスケイルによって不意のめざ氷で落ちにくい、またタイマンならキングドラにも勝てるので雨パのミラーに強い、神速があるので終盤の鉢巻神速で抜いていける。この2点です。
ただ電気技が一貫してしまうのでナットレイを入れておきたいです。

ガブリアス入りのサンプルパーティ
20110709154044.gifn230.giftrキオンハッサム20110709154212.gifn642.gif
これは僕が5月~6月にかけてメインで使っていた雨パです。レート1700維持できたのこのパーティだけ()。
ミラーはボルトロスで電磁波を撒いてガブで抜いていきます。
持ち物の詳細は大体PT見ればわかると思います。

もう一つは
20110709154044.gifn230.gifなっと20110709154720.gifn257.gif20110709154212.gif
これは今使っているPTです。テンプレに近いものでしょうが結構気に入ってます。
リョウさんも似たような構築を使っていますが彼の考察は凄いです。

カイリュー入りのパーティとしては
20110709154044.gifn230.gif色らてぃおすハッサムtrキオンカイルー
これはテンプレです。自分でも一回回しましたが使用感は良かったです。
テラキオンとラティオスの選出回数が多い。

物理龍枠はどちらでも優秀ですが電気技の一貫性を意識するかミラーを意識するかによって変わってくると思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。